トップページ > 教育方針 代表挨拶

サン・キッズのスタッフ|お母さん、お父さんに安心してお子様を預けてもらえるよう日々尽力しています。

代表挨拶

スクール代表 綾森 素子(アヤモリ モトコ)

スクール代表
綾森素子(アヤモリ モトコ)

プロフィール
趣味:ゴルフ 月に最低3回は遠慮がちに(笑)行っています(笑)。今年中に95切ることができればうれしいなと練習中。
疲れを取る方法:家で、大きな声で、カラオケを(自己流の振り付けつきで)することと、美味しいワインを飲むこと。

最近はどこをみてもコロナに関連する話題が多いので、できればその話題から離れてみたいなと思います。
先日、私の欲しかったゴルフウエアが届きました。ネットでの購入です。「なかなかいいな」とか「ちょっと思っていた生地よりパリッとしてる感じなのね」と箱から出して試着。「ま、こんな感じね」という訳で、まずまず、思っていた通りの商品。便利になりましたよね。私の娘なんかは、上から下までネット購入です。でも、そこで一つ思いました。
昔、カタログショッピングが全盛期だったころ、あの厚い冊子を開いて、好みの服を見つけても、「やっぱり洋服は試着しなくちゃ、わからないわぁ~」とカタログで洋服を買うなんてあり得ない!と思っていた自分がいました。洋服は、お気に入りの店に出向いて、何着か試着し、店員さんに「いかがですか~、お似合いですよ~」とか言われて、やっと気に入ったものを買ったあの時代。今は何でもネットで購入できて、それは便利になりました。今年はさらにコロナ禍で需要も高まり、ネット様さま。「テレワーク」「オンライン飲み会」なるものも発生して、もはや人とは接しなくても過ごせる世の中です。
しかし私は、正直言って「オンライン飲み会」の楽しさは全くわからない。やっぱり隣に人がいて、「そうそう(とか言いながら、肩をバンバンとたたいたりする)」あれが好きだし、感情が伝わってくる気がします。 コロナの状況下、サン・キッズも「オンライン授業」をやるかどうか、迷いました。でも、やりませんでした。私の中では子どもたちと触れ合って、抱きしめて笑ったり、目をしっかり見て叱ったり、それこそが、気持ちを伝える全てです。時にはお母さんと涙を浮かべて、「母子分離成功ですね!」と喜べる、これがサン・キッズではないか、、、と強く思っています。そうは言ったってこのご時世、それはだめですよ!とお叱りを受けるかもしれません。ですので、ただただ、打倒コロナか、withコロナか、どちらでもいいので、心置きなく触れ合える授業ができるその日を、辛抱して待ちます。
(あ、やっぱりコロナの話題になってしまいました。)

スクール副代表 赤池 由里(アカイケ ユリ)

スクール副代表
赤池由里(アカイケ ユリ)

プロフィール
休日は静かに過ごしています
図書館、映画館、動物園、美術館、
そして買い物も一人で…
でもサン・キッズでは子ども達と楽しく過ごすことに幸せを感じています。


 私はお子様に携わる仕事に就いて20年以上になりますが、私の子ども達に対する思いは常に変わりません。それは『人は自ら学び、育つ』ということです。子ども達には、自ら学び、成長していく力が生れながらにして身に付いていて、私達が手助けしてあげられることは、その学び、育つ『環境』を整えてあげること、と考えています。
 生まれてからのご家庭で過ごす間、幼稚園で過ごす3年間、そして小学校、中学校…と子ども達は成長していきますが、その時々にあった学びの環境を整えるのが大人の役目だと思います。幼稚園や小学校、中学校を選ぶのは親の役目でもありますし、自分自身で選択をする高等学校、大学も、その選択する力をつけてあげるのは親の役目です。学びの環境は子ども達にとって大切なものであり、その後の人生を左右するものなので、この『環境』に関しては慎重に考えていく必要があると思います。
 今年は幼稚園受験の際、幼稚園選びに関してたくさんのご相談を受けました。「自分の子どもには、どこの幼稚園があっているのか?」という悩みから、「どうしてもここの幼稚園に入りたい!」という強い思いまで様々でしたが、保護者の方々は真剣にお子様が3年間過ごす「幼稚園」という環境選びについて考えていらっしゃいました。やはり環境を選んであげるのは、お父様やお母様でしかないです。もちろん、アドバイスはさせて頂きましたが、最終的にはご両親が選び、お子さまがその環境で、自ら育っていくのです。
 私共は、幼稚園前のお子様をお預かりして、4時間、あるいは7時間一緒に過ごしています。また、幼稚園生のお子様に関しては1時間~1時間半ですが、幼稚園でもない、ご家庭でもない環境で過ごしています。ここで子ども達が学んでいることは、私達が教え込んでいることではなく、子ども達が自分たちの力で吸収してそれを自分のものにしているといつも感じています。そのような『サン・キッズ』という環境を選択してくださったご両親に感謝をするとともに、私達も常に学び成長していかないといけないな、と子ども達を見ていて感じています。
 自分の子育てを振り返ると、適切な学びの環境を与えていたか…と少し首をかしげますが、横道に逸れながらもまっすぐに育った姿を見ると、自分の選択は間違っていなかったな、と思います。サン・キッズにお通い頂いているご両親にも、そのように感じる時が必ず訪れると信じています。

教育方針

コミュニケーション教育

今の子供たちは自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを考えたりすることが不得手です。私たちの授業の中では一方的に教え込むことはしていません。お友達の考えを聞いたり、自分のしたいことを言葉や態度で表現したりしながら授業の主体は子供にあります。こうされると「うれしい。」「かなしい。」を考え、他人に伝えていく心を育てます。

自分のことを自分でする力

子供一人に対する大人の手はたくさん!そんな中ではどうしても自分のことを自分でする機会は減っていきます。 私たちは時間に追われる授業はしていません。
じっくりと子供の活動する時間をとり、自分で自分のことができるよう誘導しています。

チャレンジする勇気

「あれはだめ、これはだめ。・・・」では子供たちのチャレンジ精神はなくなってしまいます。
私たちは子どもたちがしたいことはできる限りチャンスを与え、失敗をしたときにもそのチャレンジ精神をたたえています。

集中力をつける

世の中はどんどんスピード社会になっていますが、あわただしい生活の中ではなかなか集中力を身につけることはできません。
ここぞというときに成し遂げる力を育てていくことつまり集中できる環境や中途半端にしない心がけを大切に考え指導にあたっています。

創造力、夢(目的)をもつ

自分のしたいことがわからない、得意なことが何かを言えない子が増えています。目的や、夢を持っていることは、くじけそうになったとき、失敗したときに大きな支えとなりそれが将来につながります。幼児期に持っている創造性や発想力を引き出して上げることが自信につながります。

口座番号

三菱UFJ銀行

【店番】 104 目黒駅前支店
【普通口座】 1435653
【口座名義】 株式会社幼児未来教育

みずほ銀行

【店番】 230 池袋支店
【普通口座】 5697678
【口座名義】 株式会社幼児未来教育

りそな銀行

【店番】 461 茗荷谷支店
【普通口座】 1471288
【口座名義】 株式会社幼児未来教育

お願い:振込み依頼人は、お子様のお名前をご入力下さい。